ADSL料金比較ナビ

ADSLのタイプ1とタイプ2の違いについて
 

ADSLを申し込む時に疑問に思う人もいると思いますが、ここではタイプ1とタイプ2に違いについて解説しています。

タイプ1とタイプ2で決定的に違うのが、固定電話を利用できるかできないかです。

タイプ1では固定電話を利用できる代わりに電話加入権(2〜3万円位)が必要になります。
また、インターネットと電話を同時に利用できるのも特徴です。

タイプ2は今から一人暮らしを始めるなどので固定電話が不要の人や固定電話事体不要持っていないという場合などには電話加入権が不要のためおすすめです。
ADSLのみの接続となりますが、IP電話の利用も可能です。

ただし、タイプ1とタイプ2では毎月の利用金額合計に差はありません。というのも、NTT固定電話の基本料金がいらないタイプ2ではNTT回線使用料が1500円前後となっているためです。

-例-
タイプ1 ADSL基本料金 3000円+NTT回線使用料150円+NTT電話基本料金1450円=4600円
タイプ2 ADSL基本料金 3000円+NTT回線使用料1500円+NTT電話基本料金0円=4500円
※料金はプロバイダーにより異なりますし、あくまでサンプルですので実際とは多少異なります

大体、タイプ2の方が僅かに安くなるようですが、その差はほとんど無いため電話加入権をお持ちの人はタイプ1へ申し込んだ方が良いのでは無いかと思います。
固定電話番号は社会的信用度も高く、各種申込み時に必要となるケースが多いからです。
※最近ではIP電話番号でも契約できるケースが増えてきています。
また、工事費はタイプ2の方が高いケースが多いようです。

Copyright(c) ADSL料金比較〜一番安いADSLプロバイダーは?〜  2008年〜